-->

マングローブの生き物

マングローブの生き物  

干潟

マングローブには、陸性・海性などの動物が生息している。この動物も、マングローブを形成するうえで重要な役割を果たしており、マングローブの生態系の中で生きている。

広大な干潟には、シオマネキ・ガザミ・ミナミコメツキガニなどの甲殻類が活動する。

干潮時に干潟が広がり、ここで生息する動物の楽園となる。

リュウキュウアユ  

リュウキュウアユ

リュウキュウアユとは、アユの亜種に属し、本土産のアユに比べて全体的にややずんぐりして、背鰭の形が違う。かつては、沖縄にもリュウキュウアユがいたが、既に沖縄では絶滅し、現在世界で奄美大島にしか生息していない。この貴重なリュウキュウアユの幼魚は、マングローブの呼吸根の根元で生活する。編みかごのような呼吸根は,リュウキュウアユの幼魚にとって鳥から身を守る格好の巣となっている。

シオマネキ  

シオマネキ

正式名称はオキナワハクセンシオマネキ。シオマネキ類は潮がひくと泥で塞いだ入り口を開けて地表に出てくる。餌は砂底や泥底の表層に分布する有機物や微少藻類などで、穴の入り口付近の地表で泥ごとつまみとって口に運んでいる。オスの大きなハサミは餌を食うのにまず使われることがなく、片方の小さなハサミだけをせわしなく動かして摂食し、左右とも小さいハサミを持つメスは両方のハサミを使って餌をとっている。

ミナミコメツキガニ  

ミナミコメツキガニ

種子島より南に分布しています。マングローブの最も海に近いところで底が細かい砂の場所を好みます。干潮時に活動し、数個体から時には数百個体もの大きな群を作って水ぎわを移動します。移動しながら砂を口に運び、中に含まれている有機物を食べるため、通った後には、砂の団子が残ります。巣穴を持たず、危険を感じると体をらせん状にひねるようにしながら砂にもぐります。また、カニ類でありながら、横には歩かず、まっすぐ歩くのが特徴である。
<ミナミコメツキガニ科>

ノコギリガザミ  

ノコギリガザミ

ガザミは河口や内湾の汽水砂泥域を住み場とし、分布域はマングローブの分布と一致しており、マングローブクラブと称されている。マングローブは隠れ場と同じに巣穴を掘るのに流れも弱く巣穴を作るには好的な環境を形成している。甲幅は15〜20cmになり、巨大なハサミが特徴で老成した雄はハサミだけで体重の半分を占めることがある。
大きなハサミは、奥が臼歯状になっていて硬い貝殻などを砕くのに適しており、貝類・カニ類・魚を食べるのにつかわれる。

ミナミトビハゼ  

ミナミトビハゼ

とぼけた顔がかわいらしいミナミトビハゼは潮がひいて干潟ができると岸の方へ移動し、マングローブの根元などにしがみつき、頭を水面へ出してじっとしている。
  魚は水に棲む生き物であるので、水から出すと死んでしまう。しかし、ミナミトビハゼは口の中に水を貯えて陸上でも水に溶けている酸素をエラから呼吸することができる。水陸両生魚である。

オキナワアナジャコ  

オキナワアナジャコ

オキナワアナジャコは、巣穴の土を運び出し、山のような塚を作る。マングローブの中に入るとたくさんの塚がみられる。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional