-->

マングローブの特性

マングローブの特性  

胎生種子  

一般の陸上の植物は果実が成熟すると母樹から離脱し、動物・風・重力によって散布され休眠したのち発芽する。

ヒルギ科植物では樹上で形成された果実の中で種子は休眠することなく発芽し、ある一定の大きさの実生になるまで必要な養分を母植物から吸収して生長(約1年かけて)し、その後、母樹から離脱する。

このような種子を特に胎生種子と呼び、樹上で発芽した実生を散布体という。落下した種子は約1ヶ月すれば葉が開き、子葉は合成して吸収器官となる。

メヒルギ  

画像の説明
種子の熟成期3〜5月
種子の平均長約20cm
長楕円形で厚く小型。表面に光沢がある。
白い花弁が比較的大きい。

オヒルギ  

画像の説明
種子の熟成期10〜5月
種子の平均長約16cm
葉先はとがっていてメヒルギに比べ大きい。
ガクが赤く、花弁は小さく鮮紅色。

気根(呼吸根)  

気根はヒルギの特性で、ある時間冠水されるため呼吸根をもつ。板根・膝根・タコ足状。

ヒルギは気根(呼吸根)の奇観を呈する根が特徴。オヒルギの呼吸根はいったん地表面から水上に出て屈曲して、膝状に飛び出している。

膝根

オヒルギの根(膝根)

タコ足状

タコ足状、シマシラキの根

板根

板状の根(板根)が特徴のサキシマスオウノキ

マングローブの構成  

主要構成種オヒルギ(ヒルギ科) メヒルギ(ヒルギ科)
副次的付随的構成種[海洋性]サキシマスオウノキ(あおぎり科)
シマシラキ(とうだいぐさ科) サガリバナ(さがりばな)
オキナワキョウチクトウ(きょうちくとう科)
シノキカズラ (まめ科) なんてんかずら(まめ科)
ハマエンジュ(まめ科) イボタクサキ(くまつづら科)
ハマゴウ(くまつづら科) ハマボウ(あおい科)
オウハマボウ(あおい科) クサトベラ(とべら科)
[陸洋性]リュウキュウマツ(まつ科) アマミアラカシ(ぶな科)
シャリンバイ(ばら科) イタジイ(ぶな科)
ハマヒサカキ(つばき科)

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional